【事前準備】ワーホリを決断してから出発までにすること

ワーホリ

ワーキングホリデーを決断したら、出発に向けて準備に取り掛かりましょう。

出発までにする準備をまとめます。

【読んでほしい人】

  • ワーホリを決断した人
  • ワーホリってどんな手続きが必要か知りたい方
  • ワーホリ準備の流れを知りたい方
スポンサーリンク

出発1年前~半年前

情報収集から始めよう

まず最初は、留学情報の資料請求無料カウンセリングから始めるといいです。

留学プラン作成の参考になりますし、国や都市の情報、学校情報などを効率よく収集できます。

無料カウンセリングもおすすめ!多くの留学エージェントには留学経験のあるスタッフが揃っています。同じ境遇を経験した先輩に相談できるかもしれません。

留学プランの決定

情報を収集したら、どういったプランで行くのか決めていきましょう。

国や期間、さらには滞在都市、学校へ行くかどうかやその期間など、決めていくことはたくさんあります!

最近は、授業料や物価の安いアジア圏での留学や、最初の数ヵ月を安い国で過ごし、その後国を変えて滞在する2か国留学も人気です!

4倍速で英語が身に付く!常夏の楽園セブでマンツーマン留学【NILS】
フィリピン留学なら【ヒューマンアカデミー】

なんと資金0円でも留学できる【0円留学】なんて方法もあります!

パスポートの取得/更新

パスポートの有効期限を確認しましょう。有効期限が足りない場合には、更新が必要です。

ビザの申請

国が決定したらワーキングホリデービザを申請します。国によってビザの条件が異なり、また条件は頻繁に変更されるため最新情報の確認が必要です。

自分で行うこともできますが、エージェントにお願いすると手間が省けます。

自分で申請する場合は、各国の移民局ウェブサイトなどから申請します。

最新のビザ情報も、移民局ホームページで確認できます。

英語の勉強

英語の勉強は、ワーホリに行く前からスタートさせましょう!

英会話レッスンであれば、Skypeなどで行うオンラインレッスンが低価格でおすすめです。

以下はどれも無料体験レッスンが受けられます。


体験レッスンを受けるだけでも、自分の実力がわかり、英語学習にやる気が出ます。

出発半年前~3ヵ月前

学校の選定、申し込み

語学学校に行くのであれば、学校を選定します。

留学の学校のリストから決めたり、インターネットで語学学校を検索できます。

学校選定の際には、以下の点がポイントになります。

  • 都市
  • 学校の規模
  • 費用(割引キャンペーンも要チェック)
  • クラス内容(スピーキング、グラマー、IELTSコースなど)
  • 日本人(アジア人)比率
  • 日本人スタッフの有無

優先順位を決めると、決めやすいです。

実際に学校の様子見てから決めたい、という人は現地に行って学校を見学してから決めるという手もあります。現地にもオフィスがあるエージェントだと、見学の手配をしてくれるところもあります。

クレジット/プリペイドカードの用意

クレジットカードを持っていない場合や追加で発行したい場合は、申請します。

カードは国際的に通用するVISAかMasterにしましょう。JCBは海外ではほとんど使えません。

作りやすいのは、年会費無料のクレジットカード。

年会費永年無料の楽天カード
イオンカードセレクト

ワーホリを機に仕事を退職する場合は、退職後はカード審査が通らない可能性があるため、退職前に済ませておきます。

航空券の購入

出発時期が決まったら、航空券は早めに購入しておきましょう。

一般的に早く購入するほど、安く購入できます。

留学エージェントに依頼するか、自己手配だとスカイスキャナーが使いやすいです。

あらゆる航空会社をまとめて検索できます。

出発3ヵ月前~1ヵ月前

滞在先の手配

最初はホームステイがおすすめです。ホームステイは、学校と一緒に手配できます。

学校に通う場合には寮があることもあります。

生活に慣れてくると、シェアハウス(フラット)に変更したくなることもあるので、申し込みは、最初の1か月や数か月としておくといいです。

荷物の準備

荷物の準備は、持ち物リストを作成して早めに始めましょう。

スーツケースやバックパックがなければ購入も必要です。

出発1ヵ月前~

海外旅行保険

いざというときのために保険加入は必須です。

AIG損保ニュージーランド現地の格安保険がおすすめです。

国際運転免許証

国際運転免許証が必要な場合は取得します。
※国際運転免許証は身分証明としては使えません。

ニュージーランド国内で運転をするには、2つの方法があります。

1.国際運転免許証を取得(期限は取得から1年)

2.領事館で日本の運転免許証を英語に翻訳し、運転の際には翻訳書類を日本の免許証と一緒に持ち歩く(日本の運転免許証の期限まで)

※2の場合は、その後AAなどの免許センターに申請すれば、ニュージーランドの運転免許証に書き換えできます。ニュージーランド運転免許証は、10年間有効で、もちろん身分証明になります。

ニュージーランドで運転するか未定、または長期滞在をする予定の場合は、2の方法でもいいと思います。パスポート以外の身分証明があると便利です。

到着してからの交通手段の確認

初めてで不安な場合は、空港への出迎えを申し込んでおくと安心します。

空港出迎えを申し込まない場合は、タクシー料金や、空港バスの時間など滞在先までの交通手段を確認しておきます。

役所手続き

出発前に日本での住民票、年金や保険の手続きが必要です。

まとめ

出発前は、しばらく会えなくなる友達と会ったり、送別会があったりと忙しくなりがちです。

自分でできればいいですが、時間がない場合は面倒な手続きは留学エージェントに任せてしまうと時間を節約できます。ビザの代行申請や、学校、ホームステイの申込など、手数料なしだったり、かなり良心的な値段で手配してくれるところもあります。

準備時期は目安ですが、早めに確認しておいて、計画的に準備にとりかかりましょう。

現地情報を集めたり、留学ブログを読んだりして、出発前に気持ちを高めておくとはりきって準備に取りかかれます^^

トップへ戻る