ニュージーワーホリ中の保険は、現地のユニケア保険が安い!

ワーホリ

海外滞在にかかる費用の一つである保険ですが、長期海外旅行保険や留学保険って結構高い

短期の旅行だとクレジットカード付帯の保険で済ませられても、1年になるような長期の場合はそういうわけにはいきません。

ニュージーランドにワーホリや留学をするのであれば、日本の保険以外に現地の保険に入るということもぜひ検討してみてください。(オーストラリアへの留学でもニュージーランドの保険に加入できます)。

ニュージーランドの保険会社はいくつかあるのですが、ここでは、私も利用していたニュージーランドのユニケア保険について紹介します。

【読んでほしい人】

  • これからワーホリや留学へ行こうとする人
  • 留学の費用が高くて悩んでいる人
  • 日本の保険が高すぎると思っている人
スポンサーリンク

ニュージーランドの格安保険

海外留学保険の相場

日本の留学保険、AIG損保の料金を参考にしてみます。

1年間のワーキングホリデーのプランで、安いプランでも25万円程度からです

オプションの「緊急一時帰国費用」を追加すると、約2万3千円プラスです。

ニュージーランドの保険はとにかく安い!

ニュージーランドの保険会社ユニケア(Uni Care)は、留学生も加入できる格安の保険です。

もともとは、海外留学するニュージーランド国内の学生のための保険でしたが、

現在では、ニュージーランドに留学にやってくる学生やワーホリメーカーにも広く利用されています。

もう一つ、ニュージーランドの保険会社、

サザンクロス海外旅行保険(Southern Cross Travel Insuranceもあります。

補償内容や金額はユニケア保険と同等の内容です。

ここでは、私も利用したユニケア保険の1年間プランをみてみます。

ビジタープラン(1年間)

1年間で、NZ$813。 日本円で約6万円です。

学生プラン

学生プランだと1年間でNZ$590。日本円で約4万4千円です。

補償内容は日本の保険に劣らない充実度

保険に加入する際は、補償内容もしっかり確認しておかなければなりません。

ユニケアもサザンクロスもニュージーランドの信頼度の高い老舗保険会社です。

ユニケア保険学生プランの補償内容はこちらです(日本語)。

まず、私が確認したのは、医療費の補償が無制限であること。

そして、比較的利用する可能性が高いと思われる携行品や所持品の補償、飛行機遅延補償がついていること。

さらに、治療費の高い歯の治療費も補償対象となっているのは安心です(任意治療やメンテナンスは除く)!

上記はAIG損保も同様に補償対象ですが、AIG損保では追加オプションであった「緊急一時帰国費用」は、ユニケアでは既存のプランに含まれているのでお得です。 ユニケア保険の補償は、決して日本の保険に劣らない、むしろ日本の保険より充実しているといってもいい内容です。

ユニケアを選択する前にこれだけは確認しておきたいこと

キャッシュレス治療や日本語対応はなし。

キャッシュレス治療には対応しておらず、病気やケガで治療にかかった場合、一度自己負担で支払う必要があります。

その後、保険請求を行って治療費の保険適用額を受け取ります。

また、ユニケアはニュージーランドの保険会社のため、日本語対応はありません。

24時間対応の緊急時ヘルプデスク(Emergency Assistance)は用意されています(英語対応)。

保険請求は、英語で行う

保険請求は、英語で行う必要があります。

英語で申請書を記入する必要はありますが、保険請求の様式は日本語のものが用意されています。

自己負担する免責額あり!

ここが結構見逃しがちなのですが、毎回のクレーム(保険請求)で、免責が適用されます

※学生プランでは、医療費の免責額はありません。

ビジタープランで、医療費請求の場合、NZ$75は免責額です。

例えば、一つの病気やケガでかかった治療費がNZ$200の場合、免責額のNZ$75を差し引いたNZ$125が請求額です。

治療費が免責額のNZ$75以下の場合は、免責の範囲内のため請求できません。

免責額は補償の項目によって異なり、携行品の免責はNZ$100~200です。

免責については、保険契約(Policy)に以下のように書いてあります。

EXCLUSIONS APPLYING TO SECTIONS 1A AND 1B.
We will not pay for:

(中略)

9. The first $75.00 of any claim under this section of the policy.

該当項の補償適用外のものに、各請求の最初の$75 と書かれてあります。

各項目の免責額を確認するには、Policy内で上記と同様の表現を探してみてください。

ユニケア保険をおすすめする人、おすすめしない人

ユニケア保険に向いているのはこんな人

ユニケア保険のメリット、なんといっても日本の保険料金の約4分の1というその安さです。

英語でのやりとりに抵抗のない、価格重視の方には、ユニケア保険をおすすめします!

ユニケア保険に向かない人

日本語サービスを受けたいという方は、料金は高くても日本の保険がいいと思います。

医療機関でキャッシュレスで治療、日本語での対応を受けられるのは、いざというときにとても心強いです。

安さだけで選んでしまうと、英語でのやりとりが面倒で、治療費がかかっても結局保険を請求しないということにもなりかねないです。

ニュージーランドでは国の規定により、NZQA認可の教育機関での就学者は、ニュージーランド教育省の規定をクリアした保険に加入する必要があります。

そのため、申し込もうとする保険プランが規定をクリアするのか確認しておく必要があります。

日本の保険であれば、ニュージーランド教育省の規定を満たす、医療保障無制限のAIG損保がおすすめです。

まとめ

留学には必須の、固定費のような保険ですが、どの保険に申し込むかによって値段は大きく変わります。

現地の保険に加入するという選択肢もいれて、補償内容や料金を比較して、自分に合った保険を見つけてください。

トップへ戻る